2022年9月20日火曜日

9/29はドイツ歌曲コンサート第2回目。岩沼のポラーノにて♪

 

9/29は小野綾子さん(Sop)と鈴木集さん(Bar)が歌います。
どれも、うっとり素敵な曲ばかりです😊♪

ポラーノで稽古中。
ソプラノの小野綾子さん、
バリトンの鈴木集さんと一緒に。





今日の第九の練習の前に団員のKさんからいただきました。
栗の入った混ぜご飯。
まだコジ本番の疲れもあるところに、第九の稽古も終わり、ヘロヘロでしたが
御飯がすごく美味して、優しいお味でした。。




2022年9月19日月曜日

仙台オペラ協会「コジ・ファン・トゥッテ」終演

 Vorstellungen 'Così fan tutte' in Sendai, nun vorbei.. 

 仙台オペラ協会「コジ・ファン・トゥッテ」9/18, 9/19公演、終了しました。


音楽稽古から関わらせていただき、本番2日間はオケピットにてレチタティーヴォ・セッコ伴奏の他、髙橋裕之先生指揮の下、エレクトーンの佐野麻里子さんと共にオケパートを担当しました。

エレクトーンとの共演、すごく新鮮で楽しかったです。
独りでヴォーカルスコアを弾くのとは違い、それぞれの楽器の良さや特性を考慮して3人でバランス作りをしていく作業。
そうやって今一度、コジの音楽と向かい合えた貴重な体験でした。
……佐野さん、どんなにかご準備大変だったでしょう…
オケの様々な音が1つのエレクトーンから奏でられるのに興奮でした。
オケピットに入ってからもホール内での良いバランスを見つけるのもなかなか難しく苦労もありましたが、お二人が本当に温かく素敵な方々で…色々意見を交わし合いながら音楽を作っていける贅沢な環境、充実して特別な時間でした。

演出の恵川先生の愛の鞭?は迫力でした(笑)が、沢山沢山学ばせていただき、大きな刺激を受けました。
是非とも今回の学びを今後のコレペティや色々な指導、自分の勉強にも生かしていきたい、
次に歌の方々と取り組んだり、お手伝いする機会がいただいたら、もっとこうしたい、もっと力になれるようにしたい、という想いを抱きました。

カーテンコールでの皆さんが、恵川先生の笑顔が、眩しくてウルルと来ました。
舞台裏でいつも手を差し伸べて下さった舞台スタッフさんのお陰で安心して演奏できました。

沢山の学びや気付き・反省もあったけれど、
皆で創り上げるオペラはやっぱり楽しい!と再認識した気持ちでした。
想い出に残る貴重な経験となりました。
この機会を下さった仙台オペラ協会に心から感謝して、今後も更に頑張っていきたいなと思います。


お疲れ様でした。
ありがとうございました🌹


お花、ありがとうございます!

A組(1日目公演)と、本番終了後

B組(2日目公演)のカーテンコールの様子

A組のドラベッラ役の伊藤有里さんと

オペピット3人組
エレクトーン奏者の佐野麻里子さん、
指揮者の髙橋裕之さんと


2022年9月11日日曜日

合唱の本番



9月4日は「そうま地方合唱を楽しむ会」、
相馬エスポワール合唱団がいよいよ舞台に立つ日でした。

私は恐らく一昨年から団の指導に関わっているのですが、私にとっての団との本番は、だいぶ以前に一度相馬市民会館での発表の場で指揮をしたきりで、その後コロナ問題が始まり、稽古が始まりかけては休みになったりでした。そして、ここ数か月やっと続いてきたところです。それも、コロナの長いお休み期間に女声と男声が完全に分裂し😓、仕切り直して、まずは女声のみだったところ、かなり最近になってようやく男声が数人加わったところです。

4ヶ月ほど前だったかと思いますが、9月のこの合唱発表会に参加したいとの申し出が団からあり、練習回数を数えるとそう多くはないよ!と焦る気持ちがありながらも、「いのちの歌」「スタンド・アローン」の2曲に取り組んで来ました。今のメンバーになってからの初めての本番なので選曲も結構悩みました。

私は月に2回指導するのですが、しかし、発表会に出ると決めた時から、自宅練習の為に練習用のCDも作り、また、団が進んでピアノの三森先生に毎週来てもらう!と手配し、私が不在の練習でも三森先生にも指導していただいていました。気が付けば、めきめき曲想が良くなってきて、そして、歌いながら「この2曲はとても良い曲だね」という声が団のあちこちから聞こえてきたのはとても大きな喜びでした。

いよいよ9/4のその日、私は岩沼駅から8時過ぎに相馬に到着する電車で向かい、そこから団員さんの車で小高の浮島文化会館まで乗せていただきました。

会館ではまず団の皆さんと発声練習→そして、ステージリハーサル。ステージリハーサルから、他の団体さんの演奏も聴くことが出来ました。 (全部で9団体)

ベテランの先生の指揮の美しさ、無駄の無さ、柔らかさにはすっかり見入ってしまいました。本当に魔法のようで、声を解放させてくれて、それでいて細かいところまで行き渡っている、そんな事を感じながら歌を聴きました。

他の団体の演奏を聴く事はとても良い刺激と発見になりました。それに、ここ3年はこの発表会がストップしていたそうですが、それまでは毎年開催されていたそうで、そして、元々のエスポワール合唱団も毎年参加していたとの事。それを聞き、皆さんが歌いたい気持ち、これまでどんな風に歌ってきたか、をほんの少し覗けたような気がして嬉しくなりました。

ある団員さんは笑顔を浮かべながら私に話してくださいました。歌いに来ると日常抱える様々な困難もその時だけは忘れている、とても楽しみにして練習に足を運ぶ、と。
その話に、自分の役割の大切さを改めてひしひしと感じずにはいられませんでした。

エスポワールの「命の歌」「スタンドアローン」
それぞれの曲のメッセージが良く伝わってきて、今までで一番まとまりがありました。

また次に向けて、皆さんが良い時間を過ごせるように、プランを練っていきたいです。
素敵な一日に感謝。





 

2022年9月3日土曜日

8月21日のドイツ歌曲コンサートは終了しました。次は9/29(木)、別のメンバーと異なるプログラムをお届けします。

ここしばらく毎日盛沢山だけど、なにしろ記録をする余裕と余力が無くて、
ただ日にちが過ぎて行っている。

先日の8/21(日)(と言ってももう2週間近く前!)はドイツ歌曲の第一回目のコンサートだった。宮西一弘(テノール)と鈴木真衣(ソプラノ)&私(ピアノ)のチーム。

「9/29(木)には第2回目コンサート、今度は、鈴木集(バリトン)と小野綾子(ソプラノ)と私(ピアノ)で異なるプログラムをお届けします。」

8月21日コンサートは仙台は泉の人形劇場徹子のお家の会場をお借りしてでした。

コンサート当日までカオスのようにハプニングだらけだったと言える。
7月末、とうとうコロナ感染、突然10日間の休みを余儀なくされた。
最初の4日間は熱で寝てばかり、その後も喉・鼻の完治までは結構時間を要したけれど、10日間も家でじっとしてるというのは不思議な気分だった。だんだん症状が楽になってくると、10日間もあれば海外旅行だってできるのになと妄想してみたり。お見舞いの食料品の差し入れもあり、普段食べたことの無かったレトルト食品も色々体験したり。
それによってスケジュール変更やその調整もあったりと、徐行運転もなく、突然フル回転で仕事や活動が始まったのはきつかった。

コロナ療養中に、ほぼ完成させた!つもり?で得意になっていた字幕用のパワーポイントだったが、その後、急に仙台オペラ協会他忙しくなり、ようやくコンサート前日に確認するとアレコレ抜けていて、結局、コンサート当日の朝まで必死で修正や補足する作業にあけくれていた。そんな時ちょうど自宅のwifiが急に働かなくなりお手上げ状態だったところ、プログラムとその印刷を歌の宮さんと真衣ちゃんが引き受けてくれたのは本当に有難かった。。。プロジェクター操作を引き受けてくれた朝香ちゃんもとても協力的でホッとした。それにしても、せめて前日はどっぷり練習に浸りたいと願っていたのにそれどころでは無いまま当日を迎えたのは非常に痛かったが、結果的にはとても楽しんで演奏できたのは幸いだった(苦笑)。
そんな反省だらけの1回目のコンサートだった。。
是非この反省から学び、次回の2回目はもっと心の余裕を持って臨みたい😅







Konzert vorbei.
..hat mir eine große Freude gemacht

楽しかった!…今もまだ余韻の中です
「ドイツ歌曲コンサート8/21」 無事、終演いたしました。 …音楽にどっぷり浸かって、一緒に演奏できる事、聴いていただける事の幸せを感じた日でした。宮っち、真衣ちゃん、素敵な時間をありがとう
暑い中ご来場下さった皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。 会場「人形劇場徹子のお家」もピアノも大変心地良く、温かい気持ちにしてくれました。字幕の為プロジェクターをお手伝いくださった朝香ちゃんも、ありがとうございました

ん~ ドイツリート良いなぁ、と言っていると、 宮っちも真衣ちゃんもまた一緒にやりたいと言ってくれて♪嬉しくなりました
次は何を演奏しようかなぁ。
まずは!
「9/29木に岩沼ポラーノにて、 今度はソプラノ小野綾子さんとバリトン鈴木集さんとピアノの私での歌曲コンサートです!」
また全く異なるプログラムとなり、こちらも新鮮で楽しみです♪
皆様のお越しをお待ちしております!💕

お申し込みはチラシにあります連絡先、または出演者までどうぞ。
(FBの記事より♪)

2022年8月7日日曜日

活動開始。音楽合わせや演劇鑑賞など。

昨日からまた仕事復帰…の予定だったのが、
事情により昨日は急遽中止に。
夕方、10日ぶりで買い物に行って、日用品・食料品を調達。
久々の外の空気は美味しい✨

いよいよ今日からは、今度こそ活動開始。
朝~午後に、個人コレペティレッスン、そして、8月21日コンサートの為の合わせを。
何だかすごく楽しい♪♪
音楽に身体が内側から喜んでいる。笑
病み上がりで久々だからというのはやっぱりあるんだろうか。
8月21日の合わせも、また色々見えたことがあり、
これまでで一番楽しく感じられて、良い感触でした。

夕方から、エルパーク仙台にて演劇鑑賞。
「リア王」。
昨年のメルヘンオペラ「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト公演でナレーションを務めてくださった上島奈津子さんがゴネリル役で出演するというので行ったが、
迫力!
圧倒されました。
ドロドロの人間劇、欲、狂気、騙し合い、など重いテーマが主だけど一人一人の人間が見事に演じ切られていて、ぐいぐい引き込まれました。
言葉がくっきり美しかったのも重要だった。
奈津子さんのゴネリルも本当に素晴らしかった!
明日が千秋楽だそう。

…終わって余韻に浸りながらアーケード側に出ると、仙台七夕祭り飾りが華やかで思わず足を止めました。




2022年8月4日木曜日

ドイツ歌曲コンサート 8/21 & 9/29


8月21日のドイツ歌曲コンサートがいよいよ近づいてきました!
歌は 鈴木真衣さん(ソプラノ)、宮西一弘さん(テノール)
そしてピアノは私、堀内由起子が務めます。
まだお席あります!!
勿論、9/29のコンサートのお申込みも受け付けております♪

お申込みはコチラ:
yukikoh0823@gmail.com
070-2020-6061(堀内)
または
出演者まで

昨日、字幕用の詩の対訳作業を一段落しました。
ドイツ歌曲が初めての方にも是非その魅力を味わっていただけるよう、
字幕も見やすく、そして、作品にまつわるミニ解説などもご用意いたします。

音楽合わせを重ね、詩と向かい合い、改めて、それぞれの作品の素晴らしさを感じているところです。
皆様どうぞお気軽にご来場くださいませ🎶
お待ちいたしております💕


 

自宅療養

7月25日 喉に違和感。イガイガ、ヒリヒリ。時々乾いた咳。クーラーの影響だと思ったが、夕方以降、発熱。気付けば、身体に火照り、ダルさを特に脚に覚える、頭がフワフワする(眩暈)の症状。夜の間、体温は36度後半、37度台と38度の間を上下。

26日 熱の振り幅が大きく、高いときは38.5くらい。低いときは37度前後。ようやく近所の方からの情報で発熱外来の予約が取れ、14時半過ぎに検査。少しお医者さんに症状を話すと、コロナの症状に当てはまるからかなり疑わしい、検査してみましょう、との事。女医さんに横になって下さいと言われ、鼻のかなり奥に(よく見えなかったが)綿棒のようなものを入れられ、これはほんの一瞬だけど痛くてびっくりでした(苦笑)

・・・この後も思い出しながら書こうと思ったけれど、根気が続かず(苦笑)。
FBに載せた文を主に転用することにします、すみません💦😅

...wieder fit nach covid. Symptome waren nicht so ernst, bin aber trotzdem erleichtert.

今日でようやく自宅療養期間(岩沼宅)を終えます。 9日前、発熱と喉・節々の痛み、眩暈等の症状で、不安を感じながら発熱外来へ。 「症状がぴったり当てはまりますねぇ、まずは検査してみましょう」と言われ、結果は陽性。「10日間休み」の言葉に頭が真っ白に(ショックを受けている私を見るお医者さんと看護師さんの気の毒そうな眼差しが忘れられません)。症状は重くない・まずは自宅療養で大丈夫との事。 看護師さんに、ここまでどうやって来られんですかと聞かれたので、自転車、と言ったら、ええっ!と驚かれました。頭が熱でふわふわ、身体もフラフラだったので、自分でもあまり良くないとは思ったけれど、自動車の免許は無いし、タクシーに乗ってもうつしてもいけない、歩くには遠かった、という訳で、選択の余地は無かったです。
帰り道、症状がまた少し進んだのか、立っているのも辛くなり、やっとの事で帰宅しました。
その後次々とスケジュールのキャンセル&お詫びの連絡をし、解熱・痛み止めを服用しながら3日間は熱が下がらずひたすら寝ていました。熱が落ち着いた後もしぶとく喉・鼻腔の痛み・腫れている感覚が引かず、飲み込むのも痛くて辛い状態が長かったですが、日ごとに徐々に和らぎ、ようやく治った!と実感しているところです。
保健所からも何回かお電話あり、体温や体調をお伝えしたり、今後の説明などがありました。(自分が菌の塊?のような気持ちの毎日でしたが)明日から、感染の心配も無く通常通りに人にも会って良いそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。お騒がせ・お迷惑お掛けした皆様、本当に申し訳ありませんでした。沢山のお見舞いの優しいお言葉をありがとうございました。元気になって生まれ変わったような気持ちでまた頑張っていけたらと思います🌸
自分の場合はちょうど疲れもたまっていた時だったような気がしますが、いつも慎重だったつもりだったにも関わらず、こんなにもあっさり罹ってしまうものかと思いました。
両親宅の白河にいる時でなくて良かったです。 それから、コンサートに被ってたらと思うと…汗 このタイミングでラッキーでした。。。(涙)しかも、あと2週間ある!!)
…皆様もどうぞくれぐれもお気を付けてお過ごしください🍀


お見舞い物資を何回も玄関に届けていただき、
やはり助かりました(涙
お仕事お休みの連絡の際も「今は誰がかかってもおかしくないから」
「早く回復しますように」「困ったら声掛けて」「お互いさまだから」
と温かいメッセージを沢山いただき、涙が出そうに有難かったです。
自分も、誰かが弱っている時こんなに思いやる余裕があるだろうか、そうでありたい、と感じました。

県の生活支援品が、自宅療養も残すところあと一日、という日に届きました。
感染者が次々で担当の方も実に忙しいそうです。
明日から買い物にも出られますが、これはこれで有難く利用させていただきます♪